ウェブサイト制作の事業を持つ株式会社DSC


公認会計士・税理士・弁護士など、
いわゆる「士業」と呼ばれる法律問題のプロフェッショナルの方を対象に、
プロモーションをかける広告代理店があります。
その会社は株式会社DSCという会社で、
日本の士業広告の解禁にいち早く参入し、業界でも注目されている会社です。
いろいろな事業を複数展開していますが、
今回は個別に法律相談事務所のホームページを持っていないお客様に対して、
株式会社DSCが代表でお客様専用のウェブサイトを
制作する事業について紹介したいと思います。

まず、現在の日本人口におけるインターネット普及率は79.5%を記録しており、
5社に4社は自社サイトを保有している計算になります。
しかし、残りの2割は会社があっても自社サイトを保有しておらず、
その中には士業の業種が含まれています。
そこで、株式会社DSCがお客様のウェブサイトを制作します。
ウェブサイトというツールを最大限活用し、
費用対効果に見合う形で各種コンテンツの作成も同時に行います。

ウェブサイトを制作することは主に2つの目的があります。
1つはお客様のブランド力の向上・信頼性が増すこと、
もう1つは定期的にウェブサイトの更新を行い、
新規コンテンツを追加することで新たなユーザーの流入が見込まれることです。
そして、それら2つに付随してウェブサイトに訪れたPV数、検索キーワード、
足跡の解析などのデータを保持することで、
いつでも戦略的なユーザーの獲得を行うことができます。

これら一連の流れは全て株式会社DSCが行っていくので、
お客様にとっては何の手間をかける必要がないメリットがあります。